ホーム > スタッフブログ > 座骨神経痛と気功整体

座骨神経痛と気功整体

■2014/10/25 座骨神経痛と気功整体
座骨神経痛は 椎間板 ヘルニアの場合は 主に 第4腰椎と第五腰椎間、第五腰椎と第1仙椎間が 好発です。すなわち L5とS1脊髄神経線維が圧迫される神経障害です。S1脊髄神経障害は 下腿三頭荕の荕力低下、足関節の底屈が 弱くなる。アキレス腱反射は 低下、足の外側は 感覚障害がある。経絡として 足太陽膀胱経の反射区です。気功整体治療は 主に、その経絡に中心して 行います。
座骨神経痛の診断テストは SLRテスト、ブラガートテスト、ラセーグテストです。鑑別テストは ボンネットテストです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆