ホーム > 整体豆知識ブログ > 肺は水の上源と浮腫み治療

肺は水の上源と浮腫み治療

■2014/02/16 肺は水の上源と浮腫み治療
  体内の津液の輸布運行と排泄に対する促進調節作用を有す肺の宣発粛降を指す。宣発は津液の向上向外の輸送を 促進し、全身に散布、精を皮毛に輸送し、腠理開合を主司、汗液代謝を調節する。粛降は津液の向下向内の輸送を促進し、下部組織を濡養、 並びに尿液生成の源と為す。その位置が五臓中最高に在り、水液代謝を調節出来るので、“肺為水之上源”と称される。
肺は 水液代謝を調節が悪くなると 浮腫みが 出ます。主に上半身の浮腫みです。漢方薬として 麻黄湯です。
気功整体治療は 肺経、太陽膀胱経などを中心を治療します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/1OJI
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆