ホーム > スタッフブログ > 花粉症と中国医学(脾の原因)アプローチ

花粉症と中国医学(脾の原因)アプローチ

■2016/03/25 花粉症と中国医学(脾の原因)アプローチ
この前に 話した鼻汁は 痰湿の一つである、主に 脾の働きが 弱くなっているため 生産されるのです。脾の働きは 脾の気の働きです。だから 脾気虚と言う病症で 花粉症が 発症します。この脾気虚になった原因は 飲食不節や 過労や思慮過度などにより 脾胃を損傷し、そのために 気血の生成が不足し、また 清陽が頭颜面部に登らない、鼻が 気血の栄養を充分に受けらないと邪毒が停滞して 鼻淵が起こります。治療方針は 脾を補う、と痰湿を取るために 足陽明胃経を瀉法します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆