ホーム > スタッフブログ > 生理痛で腰痛、肩こりなどと東洋医学の治療

生理痛で腰痛、肩こりなどと東洋医学の治療

■2016/04/05 生理痛で腰痛、肩こりなどと東洋医学の治療
生理痛の中に 気滞血鬱型では 気滞は 主に 肝気が 体内に 循環が良くない、気が こもってると 肝うつになって 熱を生じる、その熱が血に影響して 血が経絡外に漏れて 血鬱にり 子宮に 血鬱の影響して 粘く 血塊を伴い、生理痛や腰痛、肩こりなどが発生します。
主に症状は 経早、月経量は 多かったり少なかったりする。経色は 紫紅、経質は 粘く 血塊がある。生理痛
舌は 舌質紅 、舌苔薄黄、脈は 弦数です。
随伴症状は 乳房、胸脇部、少腹部の脹痛、心煩、怒りっぽくなる
治療法針は 肝の疎泄機能の改善と肝熱をはかる。
主に 任脈、足厥陰肝経、足太陰脾経を 気功整体で 行います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆