ホーム > スタッフブログ > 糖尿病(しびれ、肩こり、腰痛)と中国哲学、医学ー5

糖尿病(しびれ、肩こり、腰痛)と中国哲学、医学ー5

■2016/04/14 糖尿病(しびれ、肩こり、腰痛)と中国哲学、医学ー5
前回に続き
水は もう一つ働きが 土壌を 潤沢することです。この働きで 風が吹いても 土壌を流失しないことが できます。当然に 水が多過ぎても 良くないです。例えば 元々乾燥過ぎた土壌に 突然に 暴風雨が来ると たくさんの土壌を流失することもあります。これは なぜ ある糖尿病の患者が 中国医学で 陰虚を 診断して たくさんの滋陰薬を投入したら 血糖値が 下がるではなく 反対に上昇する結果になる原因です。
以上は 普通な場合ですが、また 特別な場合は 二つが あります。一つ目は 森林が 破壊されすぎたら 土壌が 砂漠化になり このような患者が 怒ると 血糖値が 上昇します。なぜならば 怒ることが 風を生じる。強風により 土壌が 地面に保たなくなり 川に 吹き込んできます。血糖値が上昇します。二つ目は 土壌が 硬すぎるのです。このような患者が ときとき 空腹時 血糖値が正常ですが、食事後 血糖値が高すぎる。これは 土壌硬すぎたので 吸収できないです。だから、食事すると 飲食の糖が 血液に流れる、吸収できないので このような患者が
陰虚燥熱証と診断されるが 滋陰すると 排泄機能が正常な場合に 汗とか尿とか たくさん出る。排泄機能が 良くない場合に 四肢に 直ぐ むくみが出る。 このような患者が 水を飲むと すぐ 汗とか 尿とか むくみとか 出ます。
以上は糖が多すぎるにより 濃度高と血液が 少ないにより 濃度高の二つ場合を話しました。また 第三類は 糖が多くなくても 血液が少なくても 血糖値が 依然に高いです。 なぜならば、これは 血の流れは 気の推動作用により できるので 気虚になると 血液の流れは 遅くなり 血液中の糖分とか 他の物質も 沈着して 局部に 血糖値が上昇します。このような患者が 末梢血液に血糖値が高く 静脈の血糖値が時々 高たったり 時々低っかたりします。また 高脂血症を伴い、だから このような患者が 全身の血管障害の症状が 多いです。 目が はっきり見えないし 四肢がしびれ、手足が冷たく 壊死になり 糖尿病腎症になり 心脳障害になりやすいです。
糖尿病のしびれ、肩こり、腰痛の患者さんに 上大岡 マッサージで 日吉 マッサージで 糖尿病の方の症状が 改善できないなら ぜひ 中国気功整体、日吉 鍼灸(中国鍼灸)、上大岡 鍼灸(中国鍼灸)をお試しに!)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆