ホーム > スタッフブログ > 未病と中国医学治療ー冬病夏治ー2

未病と中国医学治療ー冬病夏治ー2

■2016/04/26 未病と中国医学治療ー冬病夏治ー2
前回に続き
どのように 夏に 積寒邪を取り除きますか?
方法は 二つです。一つは「 内用温熱」です、もう一つは 「外散風寒」です。
内用温熱は 温熱性の飲食とか薬などを服用するのです。
皆さんは 炎上な夏に 熱い物を食べると 心が イライラして 身体が 煩躁不安と思いますよね 。それは そうです。だから キーワードは 温熱性の飲食の正しい方法が 熱い薬を 冷してから 飲むことです。例えば 赤砂糖生姜湯と言うと飲み物は 本来に 温熱で 胃を温めるのですが、でも 夏に 冷して 冷たくなって 飲めますのに 胃に入ると 熱い薬になります。また 汗が出ない人とか 汗が出ても 風に弱い人などは その時 数パークの[玉屏風散亅と言う漢方薬を 一升瓶に入れて お湯も入れて 冷してから 毎日 飲むと もし 汗が多い人は 汗を止める。もし 汗が出ない人は 汗が出ます。また 風邪を防ぎます。まるで 一石三鳥です。お試しに!
「外散風寒」と言う発汗法は 体内の寒邪を取り除く最高の方法です。
夏に 汗腺の穴が 開くので 汗が出やすいです。汗は心の液です(東洋医学の五液の一つ)。だから 旺盛な心火を瀉泄出来ます。そして 皮膚に犯された寒邪をすぐに 排出できます。だから 発汗法は 体内の寒邪を取り除く最高の方法です。まったく 人体が 天時に応じて 動く自然な調節機能であり 心経絡の気血(火)を瀉すことを通して 膀胱経の虚弱(寒)を補います。心が 五行で 火に属してます。夏に最盛です。膀胱経が 人体の壁です。外邪(寒邪)を防衛する壁ですし、又 内寒邪を取り除く道です。だから 夏に身体がたくさんな汗が出ることは 神様から人間に与える自然な治療法です。それは 寒邪を取り除くだけではなく 発汗する自体も 体内に留まった大量な瘀毒を排泄できます。
でも 夏に 我々は 冷たい飲料を大好きで いっぱい 飲むと 胃腸中に大量な寒気が留まったので 本来に 発汗するために使う心火は 方向転換で 胃腸を温めるに利用されました。その時 体表に気血も少なくなり 外邪を防ぐのも弱くなります。又 もう一つ外邪は 我々が 人工的に 作ったのが エアコンの冷気です。その冷気が 皮膚から 入って 、冷たい飲食が 胃腸に入って ます。心火が旺盛なのに この両者の寒気を勝ってないです。そして 消化機能が弱くなり 発汗機能も弱くなります。結果的に 胃腸型感冒と言う病気が発生して 発熱でも 汗が出ないし、吐くと下痢は繰り返します。その時 「霍香正気丸」と言う漢方薬を飲むと 身体がよくなる。なぜならば この薬が 温熱性であり 外に風寒を裁くし 体内に寒湿邪も取り除きます。一つ薬は 両方に働きます。注意: 熱射病に 不適切です。
冬病夏治には 又 いろいろな方法があります。
次回に続き 話します。

(桂林堂は この夏に 冬病夏治の治療を用意してます。。身体が 冬に強くなりたい方は ぜひ 三伏灸を受けてください。この三伏灸は 天灸(薬物灸)であるので 中国に 注文したほうが いいですので 今 天灸の予約を受付してます。三伏灸をやりたい方は 桂林堂に 電話してください)。
祝平成28年第24回鍼灸師国家試験で 全国 1位
   感謝キャンペーン実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆