ホーム > スタッフブログ > 白血病と中国医学治療ー漢方、鍼灸ー1

白血病と中国医学治療ー漢方、鍼灸ー1

■2016/05/07 白血病と中国医学治療ー漢方、鍼灸ー1
白血病は 主に 造血器官の病変です。病変部位は 血分、骨髄です。主要是造血器官的病变,《霊枢 経脉》で “人始生,先成精,精成而脑髓生,骨为干,脉为营,筋为刚,肉为墙,皮肤坚而毛发长”。と言いました。その意味は 人の先天の精が 骨髄の生成と直接に関係があります。もし 胎児が 生まれる前に 母体内に熱が熱すぎた、あるいは 熱性病気を罹患したことにより 熱毒が 胎児に 侵されると 発散できない、そして 胎児の精血、骨髄に潜伏して 将来に白血病の発症の根元になります。西洋医学では 白血病は 染色体の異常と関係が深いです。また 遺伝性があるみたいです。これは 中国医学の理論と一致してます。
骨髄が 血を作るので 温熱毒邪が 骨髄に潜伏して 人の精血を消耗して 人の体内に 精と血も 少なくなり ですから 身体が たんたんに 弱くなり、血液の化成不足になり、身体に すべて 虚証の症状になります。何故 たくさんの白血病の患者さんが 生まれてから すぐに発症してないですか? これは 体質が 強いと弱いもあるし、温熱毒邪が 多いと少ないもあるのです。温熱毒邪が骨髄に潜伏して 身体の精血を消耗してますが、でも 人間が 正気の強さにより 調整作用があります。例えば 温熱毒邪が 少ないと 精血の消耗スピットが 遅くなり 人体の陰陽が ちょっと バランスが 崩れても 人体の正気の調整して 相当に長い期間に 発症しないです。例えば 温熱毒邪が たんたんに強くなると 精血を たくさん 消耗したら 正気の調整作用を超えれば 白血病が 必ず 発症します。
次回に続き 漢方薬と鍼灸、整体などを使用して 白血病の治療法の考えを話します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆