ホーム > スタッフブログ > 1型寒湿腰痛に対して漢方薬治療

1型寒湿腰痛に対して漢方薬治療

■2016/12/13 1型寒湿腰痛に対して漢方薬治療
1型寒湿腰痛に対して漢方薬治療
寒湿腰痛の漢方薬治療
治療方針は 五行の相克関係により 土が 水を剋するので 益土制水の治療方針である。五行中に 土は 脾です。脾が 中焦にある。水は 腎です。ですから 中焦を温めて 内寒邪を取り除きます。脾の働きを促して 内湿邪を乾燥して 取り除きます。
漢方薬の処方箋は 腎着湯加味です。

これは 干姜,甘草 茯苓 白术 肉桂,泽泻 杜仲 金毛狗脊などであり、下肢に 牵引痛があると 干姜を除き ,独活、防風、当帰、芍薬、细辛、牛膝などを加えます。
処方箋意味: この漢方薬に 外感の薬が無いので 体の中に 内寒湿邪がある人に効きます。干姜、肉桂の辛熱の作用により 寒湿邪を取り除き、白术の苦温により 湿邪を勝ちます。甘草の甘味により 和中補脾が出来ます。茯苓、泽瀉の甘淡により 渗湿が出来ます。以上の薬が 全て 脾陽を温めて 内湿邪を除くものです。これは 益土制水の治療方針であり、更に 杜仲の味が甘辛性温であり、狗脊の味が 甘苦性温により 腎経絡に入り 腎陽を補います。そうすれば 健脾と温腎も出来ます。脾と腎は両方 同時に治療出来ます。また 腰痛は 時々 下肢痛にも及びます。これは 肢体経絡にも寒湿邪が犯される腰痛です。これに対して外感薬:独活、防風などを入れて 祛風勝湿が出来ます。当帰と芍薬により 補血養筋が出来ます。细辛温通経絡により ,牛膝が 他の薬の働きを誘導して 下降して 下肢痛を作用して 舒筋活络になります。
以上は 寒湿腰痛に対して 漢方薬の治療です。
次回は 寒湿腰痛に対して 鍼灸治療を話します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆