ホーム > スタッフブログ > 腰痛シリーズ11:腎虚腰痛に対して中国医学の分析

腰痛シリーズ11:腎虚腰痛に対して中国医学の分析

■2016/12/31 腰痛シリーズ11:腎虚腰痛に対して中国医学の分析
腰痛シリーズ11:腎虚腰痛に対して中国医学の分析
腎虚腰痛に対して中国医学の分析
症状は
痛みは いつも じわじわして 隠痛と言うです。腰と足も 酸軟無力で 疲れやすいです。痛みの所に 押して 気持ちがいいと言う特徴です。また 二つタイプに分けます。
一つは とても よくある腎陽虚であります。これの症状が 上の痛み以外に 息くるしい、耳鳴り、遺精、頻尿などが 伴います。
もう 一つは 腎陰虚であります。 これの症状は 上の痛み以外に 顔面が 赤い、手の裏が 熱い、舌質が 赤い、舌苔が 少ない、脈が 細、数(速い)などが 伴います。
症状分析
腰は 腎の府であります。腎は 骨の成長をつかさどるし、髄液の生成をつかさどることです。腎の精が 大変に 弱くなったら 腰、腰椎 などの栄養を提供する能力が低下するので、腰と足が 酸軟無力になります。腎虚になると 腰が 疲れやすくなります、長く 座ったり 、長く 働いたりすると 全ての症状が 悪化します。脈の尺部が 不足であり、全部は 腎虚の症状です。
以上は 腎虚腰痛に対して中国医学の分析です。
以下は 新年元旦号のタウンニュースに掲載した全国第1位感謝キャンペーンです。
是非 ご利用してください!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆