ホーム > スタッフブログ > 腰痛シリーズ18: 痰湿腰痛の中国医学の漢方薬治療

腰痛シリーズ18: 痰湿腰痛の中国医学の漢方薬治療

■2017/02/25 腰痛シリーズ18: 痰湿腰痛の中国医学の漢方薬治療
腰痛シリーズ18: 痰湿腰痛の中国医学の漢方薬治療
痰湿腰痛の漢方薬治療
治療方針: 燥湿化痰である。
処方箋: 二陳湯加味である。
茯岺、陳皮、半夏、甘草、独活、蒼術、牡蛎などである。
処方箋の意味: 二陳湯は 痰湿の治療の基本処方箋である。半夏は 辛温の性質が あるので 辛温により 乾燥が 出来ます。働きは 乾燥により 湿邪を散らかして 痰を取り除きます。陳皮は 理気燥湿の働きで 気を 循環させることにより 痰湿を取り除きます。茯岺は 健脾浸湿の働きで 脾の働きが増加して 湿邪を取り除きます。甘草は それぞれの薬を調和する働きである。また 腰痛を治す為に 必ず 薬効が 下に誘導する独活が 必要である。さらに 独活が 散風化湿の働きもある。蒼術は 健脾燥湿の働きである。牡蠣は 鹹の性質が あるので 腎経絡に入り 硬い物を和らげる働きにより 結節などを散らかせます。さらに 壮骨益腎の働きである。以上の薬を 使えば 痰湿邪を取り除き 経絡を通暢させることになり 通が あれば 痛みが 無くします。痰湿腰痛を治せます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
桂林堂
http://www.keirinndo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:横浜市港北区日吉本町1-3-18 甲南ビル 103号
TEL:045-565-2420
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/51Cu
Twitter:http://p.tl/dTDQ
mixi:http://p.tl/b8me
アメブロ:http://p.tl/lF0R
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆