施術の流れ

3.脈診

CIMG0630.JPG内臓(心臓・肝臓・腎臓・肺・脾臓・命門)の状態を
脈を計ることにより診察します。
東洋医学では28の脈の状態があり、その状態に対して
最適な治療方法を診断します。