ホーム > 整体豆知識 > 腰部脊柱管狭窄症の分類は
整体豆知識

腰部脊柱管狭窄症の分類は

 

腰部脊柱管狭窄症の分類は、
・ 中心管狭窄症(狭窄の存在部位から「内側型」と呼ばれる)
・ 外側陥凹狭窄症(「外側型」と呼ばれる)
・ 椎間孔狭窄症(椎間孔の狭窄による)
の三型に分けられます。通常はこれらが単独あるいは複合して症状が現われます。

1、「中心管狭窄症」では
両側性の※間欠性跛行(かんけつせいはこう)
間欠性跛行(※下記説明)の症状が現われます。

※間欠性跛行(かんけつせいはこう)
歩いているうちに下肢が痛んで正常に歩けなくなり、休息すると痛みがとれて歩けるようになる状態。

2、3、「外側陥凹狭窄症、椎間孔狭窄症」では、
坐骨神経痛(※下記説明)などや一側性の間欠性跛行の症状が現れます

※坐骨神経痛
お尻や足への放散痛(強い刺激を受けたとき、刺激を受けた場所だけでなく、周囲にも痛みが広がっていくこと)お尻、ふともも後面、ひざから足首までの部分の外側や後ろ、足の甲あたりまでがシビレや疼痛をきたす。
多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われているが原因は様々

 

腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状は間欠性跛行です。 路上で、お年寄りの方が腰を前に曲げて歩いている姿を目にすることがありますが、この歩行姿勢は間欠性跛行に対処するために自然に身につけたものです。腰部脊柱管狭窄症の患者さんにとって最も不都合なことは、歩いて遠出ができないことです。近くまでの買い物や、ひどくなると家の中の移動さえ困難になります。男性では、小便が済むまでの間立っていることさえ困難になることがあります。しかし、一般に自転車で遠出することは差し支えありません。

   その他の症状として、「外側陥凹狭窄症」や「椎間孔狭窄症」では腰椎椎間板ヘルニアで見られるような坐骨神経痛に悩まされることも少なくありません。全ての型において下肢にしびれや冷感を自覚し、進行すると知覚障害や運動麻痺、筋萎縮が見られるようになります。
   「中心管狭窄症」に特異的な症状は、膀胱機能障害や排便機能障害です。  
 以上のように、一口に腰部脊柱管狭窄症と云っても、その病態と症状はいろいろです。