ホーム > 桂林堂通信 > 入浴方法の改善で自律神経整えよ
桂林堂通信

入浴方法の改善で自律神経整えよ

 

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間。就寝前の入浴の最大の目的は、自律神経のバランスを整え、一日の終わりに滞った血流をリカバーすることです。

 

   お風呂に入ると

「あたたまって疲れがとれる」

お湯の温熱作用によって皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。

心と体を究極にリカバー、デトックスしてくれる入浴法は、お湯の温度は39~40度。入浴時間は十五分。最初の五分は首まで浸かり、残り一〇分はみぞおちぐらいまでの半身浴。これがおすすめです。この入浴法だと、血流がよくなり、それでいて直腸温度を上げ過ぎず、体の深部体温を、38.5~39度という適温に保ってくれます。また、お風呂から上がった後は、必ずコップ一杯の水を飲みましょう。

もちろん、もしも喉が渇いたら、水を飲みながらお風呂に浸かっても構いません。

 

この入浴法をすると、脱水症状にもならず、最もいい形で体の老廃物をデトックスしてくれるだけでなく、お風呂から上がった後も、いつまでもほどよいポカポカ感が続きます。そして自律神経も整い、スッと安眠できます。

逆に、熱すぎるお風呂には、十分注意しなければなりません。

一般的に適温であるといわれている42度~43度は、医学的な見地からすれば、かなり熱すぎます。そして、熱すぎるお風呂がなぜダメなのかといえば、交感神経が急激に上がり、血管が収縮してドロドロになるからです。さらに、直腸温度も急激に上がり、自律神経バランスが乱れるので、実はとても危険です。

 

【シャワーの浴び方】

自律神経的にいえば、シャワーの一番の効果は、お湯の刺激を肌に与えることで、交感神経が活性化されるということ。また、「朝のシャワーはコーヒーを飲むよりも目覚め効果が高い」という調査結果も出ています。何か気分を変えてみたいとき、鬱々と落ち込んだ気持ちをスッキリさせたいとき、シャワーを浴びるのは効果的なのです。

 

自律神経によいシャワーの浴び方には、ちょっとしたコツがあります。

それは、いきなり熱いシャワーを浴びるのではなく、ぬるめのシャワーである程度、体を慣らした後に、適温の熱さのシャワーを浴びることです。

そうすることで、自律神経のバランスも整いますし、また、シャワーを浴びた後に、体が急激に冷えることも防げるからです。

 

入浴のあとは、お肌の表面の「皮脂膜」が取れた状態になっていますから、ボディーローションやクリームで

保湿することをおすすめします。