ホーム > 賞歴の紹介 > 日本国際アカデミー賞
賞歴の紹介

日本国際アカデミー賞

総院長 張 霊雲が「国際アカデミー賞」を受賞しました。

qacorlkn01.jpg

qacorlkn02.jpg

日本文化振興会は1971年、「真の日本文化を振興推進することにより、それらの普遍、浸透を図り、国際的親善と友好に尽力し、国際文化の向上を目指す」ことを目的に桟勝正氏により創設されました。初代総裁には東久邇稔彦氏(元皇族で戦後初の内閣総理大臣)が就任し、現在は総裁に伏見博明氏(元皇族)、会長に一松信氏(京都大学名誉教授)が就任しています。この度、桂林堂総院長の張霊雲が受賞した「国際アカデミー賞」は芸術・美術・宗教・社会福祉・文化・教育の分野より国内的、国際的にその専門とする分野での活動と業績が極めて顕著であると認められたものに対し、毎年前期と後期に分けて、審査・選考の結果授与されるものです。

 

 【過去の主な受賞者】

彫刻家:矢崎虎夫氏 書道家:日比野五鳳氏 真言宗大本山龍造寺管長:釈鉄山氏 寂光院門跡:小松智光氏 金比羅宮大宮司:琴陵光重氏  学芸大教授:伊藤参州氏  国際ロータリー会長:李康式氏 世界仏教法王庁初代法王:除京保氏  歌手:宝田明氏  吟詠家:北川鉄水氏  拳道協会初代会長:高橋信義氏